2008年7月アーカイブ

たまには流行り物を

もうじき7月も終わってしまいますね【挨拶】
このまま有耶無耶のまま立ち消えになってしまわなければよいのですが【謎】

それはさておき,たまには流行り物を,ということで,ブログ通信簿をやってみました。
結果は「続き」を。

鈍器祭り(7/26)

連日猛暑日で,天気予報を見るのもうんざりします【挨拶】

それはさておき,鈍器祭りです。
たまには当日にエントリを起こしてみます。
とはいえ,呑みながらやっていたせいか,SSを撮るのをきれいさっぱり忘れていたので今回も文字だけです。
今回もやや少なめ。夏休みに入ったからなのか1.5倍に勤しんでいるのか夏コミ前で忙しいのかはたまた別の理由なのかはわかりませんが。
行き先は投票の結果,時計4Fに。
武器なんだったっけかなぁとか考えつつ中型・大型で。
時々ばらけてしまったりしたけれどもみんなそこそこのLvがあり特に問題もなく進行。
あ,居眠りしててそのまま冷たい床で眠ることになった人が約一名いたっけか。人というか獣ですが。
そんなこんなで時間になって帰還。精算はそこそこにはなったのかな?

久々の大物

昨日書いたエントリで日付を間違えてました【挨拶】
修正しましたが。

それはさておき,久々のというよりは私的史上最高の大物がやってきました。

殴りアコプリ祭り(7/20)

寝苦しい夜には氷枕がおすすめです【挨拶】

それはさておき,第3日曜お昼下がりはウキウキウォッチング殴りアコプリ祭りです。
acopri0721.jpg
世間的には3連休の真ん中,夏休みの初めといったせいか,集まったのは5人。
もっとも今回は宣伝露店出していなかったので忘れていた人とか知らなかった人とかいそうだけれど。
そんなわけで,いつもの常連さん。
狩りに行く前の雑談の中でサミットの話題も出ましたが,「日程がFixしないことにはねぇ」との声が。都合がつけば行ってみたいという人はいるのですが。とさりげなく(?)wolさんに催促してみるテスト。たぶん見てないと思うけど。なんとなく忙しそうな感じなのでサミット掲示板で催促するのも気が引けるのよねぇ。
そんな雑談をしつつ,どこ行こうかねぇなんて感じで決まった行き先は廃屋。

鈍器祭り(7/19)

頭がフットーしそうだよおっっ【挨拶】
いや,単に暑いだけですが。

それはさておき,7月19日の鈍器祭りです。
と,ここでいつもなら集合中のSSを貼り付けるところなのですが,頭がフットーしてたせいか今回1枚もSSを撮っていなかったため文字だけのエントリとなります。
逝き先候補がいくつか上がった後いつものように投票。そこで,候補に出ていなかった騎士団を挙げる人が。それに乗っかる人が。(私だ)
てなわけで,騎士団に決まりました。だってゼニーないんだもん。


そんな星の巡りなのか

猛暑日だとか熱帯夜だとかといった言葉がニュースに出てくるようになった今日のこのごろいかがお過ごしでしょうか【挨拶】

ところで,先日鯖用PCがお亡くなりになって已むを得ず交換をしたところですが,この終末週末に法事のために戻っていた実家から帰ってきたならば今度はモニタがお亡くなりになっておりました...
これもまた5年以上は使ってきたCRTなので寿命が来たといえばそうなのでしょうが。
それにしてもこうも立て続けにお亡くなりになられるのは何かの呪いでしょうか。

もうやめて!山城屋(の財布)のライフは0よ!

5月6月の箱

灰になったデータはロストせずにいけるかもしれません【挨拶】
とはいえ,MySQLのDB内のデータを取り出して,ここの過去ログとして割り当てるのは控えめに言ってとても面倒なのでどのようにするかはちょっと考えないといけませんが。

それはさておき,5月・6月の箱です。5月はシフ娘を割と動かしていたのでそこそこ有りますが,6月はクエスト入手の紫1個のみです。
それでは結果をどうぞ。

まずは5月分から。

pbox200805-01.jpg
pbox200805-02.jpg
プレ箱16個,青箱8個からの成果ですが,ある意味いつも通りです。アクセサリーはノービスアミュレットだったところが流石です。

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0